キャストポータルサイト
「WRITER MART」利用規約

Terms

第1章 基本条項

第1条(サービスの利用)

1. 本利用規約は、株式会社ジェー・ピー・シー(以下「当社」といいます)が運営するウェブサイト「WRITER MART」(以下同ウェブサイト及び同ウェブサイトで提供されるサービスを「本サービス」といいます)を利用するクライアントが遵守すべき事項等を定めたものです。

2. 本利用規約に同意いただくことによって本サービスをご利用いただくことができます。

3. 本利用規約に記載のある金額は、別段の定めがない限り税別表記です。

第2条(サービス内容の保証及び変更)

1. 当社は本サービスによるキャスティングの成立を保証するものではありません。

2. 当社は、本サービスについて、瑕疵やバグがないこと及びキャストが本サービスに登録した情報の真正性を保証しておりません。

3. 本サービスの提供を受けるために必要なハードウェア、ソフトウェア、通信手段、通信費用などは、クライアントの責任と費用にて用意又は負担するものとします。当社は、クライアントの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。クライアントは自己の利用環境に応じて、コンピューターウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等の対策を講じるものとします。

4. 当社は、クライアントにあらかじめ通知することなく本サービスの内容や仕様を変更、停止、中止、本利用規約の改正をすることができるものとします。改正後の本利用規約は当社が公開日以降の日として定める効力発生日にクライアントに適用されるものとします。クライアントは、本利用規約改正後に本サービスを利用した場合は、改正された本利用規約の内容に同意したものとみなされます。

5. クライアントは本サービスのシステム上の不具合等によって、希望するキャスティングの不成立、登録データの消失等が発生したとしても、当社に対して何らの請求をすることはできないものとします。

6. 本サービス上で送受信されるファイルに個人情報等が含まれていた場合、それによってキャストが被った不利益・損害について、当社は一切責任を負いません。

第3条(用語の意味)
本利用規約において使用する用語の意味は以下に定めるとおりです。
  • ① キャスト ライター、取材・インタビューライター等の個人事業主。
  • ② クライアント キャストの稼働を依頼する法人。
  • ③ 案件 クライアントがキャストの手配を求める個別の事案。「仕事」とも表記される。
  • ④ プロフィール情報 キャストが本サービスに登録することのできるキャスト個人に関する情報。登録することのできる情報の内容及び範囲は、当社が本利用規約及び本サービスにおいて指定します。プロフィール情報は、サイトに公開されます。
  • ⑤ キャスティング 登録案件に稼働するキャストを選定すること。キャスティングによりクライアントとキャストとの間に稼働にかかる個別契約が成立することを「キャスティングの成立」といいます。
  • ⑥ 稼働 案件について個別契約に基づきキャストとして活動すること。個別契約にかかるキャストを「稼働キャスト」といい、稼働の対価を「報酬」といいます。
  • ⑦ 個別契約 ある登録案件について、クライアントとキャストとの間で締結する稼働契約。

第2章 案件等

第4条(料金プラン)

1. サイト上の料金プランについてはあくまでも目安です。見積もりは案件ごとの予算などを総合的に勘案して決定となります。

2. 全てのサービスのお見積もりは、お問い合わせ・ご依頼フォームに記入後、当社に送信するものとします。折り返し早い時期に見積書を送らせていただきます。

3. 納品完了後の修正については、発注時の金額に、修正・追加部分の料金が別途加算されることがあります。

第5条(キャストの検索・稼働オファー)

1. クライアントは、キャストを検索し、そのプロフィール情報を閲覧することができます。

2. 発注は「クライアント名と担当名」「希望のキャスト名」「サービス名」「文字数」「依頼内容の詳細」などを明らかにした上でお問い合わせ・ご依頼フォームより送信いただけます。依頼内容が不明な案件な案件、ご発注の意思が確認できない案件等については、作業を控えさせていただくことがあります。

第6条(案件の禁止事項)
クライアントは、以下のいずれかに該当する案件について、又はキャストを稼働させてはならないものとします。
  • ① 稼働の内容が明確でないもの
  • ② 稼働キャストの安全性が確保できないもの
  • ③ 稼働キャストに対して単に作業や労務の提供を求めるもの
  • ④ 当社、他のユーザー又は第三者の信用・名誉を毀損し、又はプライバシーを侵害するもの
  • ⑤ 真偽を問わず、当社、他のユーザー又は第三者を誹謗中傷するもの
  • ⑥ 当社、他のユーザー又は第三者の知的財産権その他の権利を侵害するもの
  • ⑦ キャストの個人情報の収集を目的とするもの
  • ⑧ 商業目的ではなく個人利用目的のもの
  • ⑨ 暴力・賭博・違法薬物・売春等を助長するもの
  • ⑩ ポルノを含む表現又はわいせつな表現があるもの
  • ⑪ 本サービス及び当社の運営するサービスに競合するもの
  • ⑫ 政治活動
  • ⑬ 宗教活動
  • ⑭ 特定の思想・信条を支持・広報する活動
  • ⑮ 法令に違反する活動
  • ⑯ 公序良俗に反する活動
  • ⑰ その他、当社が不適切と判断するもの

第3章 個別契約等

第7条(個別契約の成立)

1. クライアントが、キャストの中から案件に稼働するキャストを選定し、当該キャストがこれを本サービス上の確認方法に従い確認し、当社がこれらの選定及び確認を承認したとき、当該案件について当該クライアントと当該キャストとの間に、個別契約が成立するものとします。

2. 個別契約の当事者たるクライアント及びキャストと当社は、個別契約の実質が労働契約でないことを相互に確認します。

3. 利用範囲は、個別契約に定める目的に限定され、それ以外の目的に利用することはできません。

4. キャストは、個別契約に定める目的の範囲内である限り、成果物の具体的な利用方法について異議を唱えることはできないものとします。ただし、クライアントは、キャストの名誉を侵害するような方法にて成果物を利用してはならないものとします。

5. クライアントは、過去の案件の結果生じた成果物をその案件で定める目的以外に利用しようとする場合、別個の案件(指名オファー)として依頼し、弊社を通じてキャストと個別契約を締結する必要があることを確認します。

6. キャストおよび当社は、本サービス上でクライアントから委託を受けてキャストが作成した記事、撮影した写真や映像、その他のコンテンツ(以下「写真等」といいます)の著作権その他の知的財産権(著作権法第27条及び第28条に規定される権利を含みます)は、クライアントが当社に対して撮影対価等を全額支払ったときにクライアントに移転することに同意するものとします。

7. キャストはクライアント及びクライアントが指定する第三者に対して、記事、写真等にかかる著作者人格権を行使しないものとします。

8. キャストは、クライアントに納入し権利を譲渡する成果物については、キャストが著作権その他当該成果物を利用する権限を有していること、並びに、画像等、キャストが第三者から利用の許諾を受けた素材等の著作権についてはキャストがクライアントに対して第三者の著作権等を侵害していないことを保証するものとし、この保証に反する事実が明らかになったときは、キャストはクライアントに対し、代替成果物の納入、損害賠償その他の責任を負うものとします。この場合の処理は、クライアントとキャスト間で直接協議解決するものとし、当社はいかなる責任も負いません。

9. クライアント及びキャストと当社は、個別契約に定める取引内容を、本サービス上に表示する方法、本サービスのメッセージ機能を用いて電子ファイルを送信する方法又は電子ファイルを本サービスにアップロードする方法等の電磁的方法により提供し、記録するものとします。

10. キャスト仮おさえ(クライアントがキャストの稼働スケジュールを仮におさえること)にかかる個別契約は、稼働の10営業日前(ただし、同日が土・日・祝祭日・当社の営業時間外の場合はその前日)までに、当該クライアントから当社に対し、キャスト仮おさえからキャスト本おさえに移行した旨(稼働の確定)の連絡がない場合には、同日の経過をもって当該キャスト仮おさえは自動的に解除され当該個別契約は終了するものとします。

第8条(本サービス利用料)

1. 個別契約が成立した場合(前条10項によりキャスト仮おさえが解除となり個別契約が終了した場合を含まない)、当該個別契約にかかるクライアントは、当社に対し、本サービス利用の対価として、当該個別契約に応じ当社が本利用規約及び本サービスにおいて定めるサービス利用料(以下「本サービス利用料」といいます)を、以下に定めるところ並びに当社が本利用規約及び本サービスにおいて指定する方法により支払うものとします。

2. 当社は、経済情勢の変動等により、本サービス利用料を改訂することができるものとし、クライアントはこれを承諾するものとします。ただし、当該改訂の事実及び内容について、当社は改訂に先立ち本サービス上で公開するものとします。

第9条(本サービス利用料及び報酬の支払方法等)

1. クライアントとキャストとの間に個別契約が成立した場合(次項の場合及び第7条9項によりキャスト仮おさえが解除となり個別契約が終了した場合を含まない)、当該個別契約にかかるクライアントは、当社に対し、本サービス利用料及び個別契約に定める報酬を、当該個別契約の稼働が完了した日(複数日にわたる場合は最終日)の属する月の翌月の末日(当該末日が金融機関の非営業日の場合はその前日)までに、当社の指定する口座に振り込む方法により支払うものとします。なお、振込手数料はクライアントの負担とします。

2. クライアント都合により個別契約にかかる稼働がキャンセルとなった場合(第7条9項によりキャスト仮おさえが解除となり個別契約が終了した場合を含まない)、クライアントは、当社に対し、本サービス利用料及び以下の区分に応じて報酬の全部または一部を、当該キャンセル日(複数日にわたる場合は最終日)の属する月の翌月の末日(当該末日が金融機関の非営業日の場合はその前日)までに、当社の指定する口座に振り込む方法により支払うものとします。なお、振込手数料はクライアントの負担とします。

  • ① 稼働のとりやめについて稼働の前々日(ただし、同日が土・日・祝祭日・当社の営業時間外の場合にはその前日)までに当該クライアントから当社に連絡があった場合  報酬の50パーセント
  • ② ①以外の場合 報酬の100パーセント

3. キャストは、事故・病気などのやむを得ない事由のある場合に限り、個別契約を解約することができます。ただし、当該解約によりクライアントが損害を被った場合は、キャストはクライアントに対し、損害が発生した案件にかかる報酬額を上限として当該損害を賠償するものとします。キャストからクライアントへの損害賠償については、キャストとクライアントとの間で直接協議し解決するものとし、当社はこれに関わりません。

4. クライアントのキャストに対する報酬の支払事務については、当社がキャストに代わり当該報酬又は報酬額相当の金銭を受領し、それを当社がキャストに引き渡す方法により行われるものとします。クライアントから当社に対し、報酬の全部または一部の支払が行われた場合、当社は、1週間以内に、キャストに対して、払い込まれた金員から本条及び個別契約において定めるシステム利用料及びキャストへの振込手数料を控除した金員を、キャストが本サービスに登録した口座に振り込む方法により支払うものとします。なお、振込手数料はキャストの負担とします。

5. 当社は、キャストに対する報酬又は報酬額相当の金銭の引き渡しにあたり、当該報酬又は報酬額相当の金銭の支払債務と、キャストの当社に対するシステム利用料の支払債務を対当額にて相殺の上、残存額を引き渡すことができるものとします。

6. 当社は、当該報酬支払いの際に税法に基づく源泉徴収義務がある場合には、源泉徴収を行います。

7. クライアントとキャストの間で個別契約に関する報酬を直接授受することを禁止します。なお、直接の報酬の授受の有無にかかわらず、クライアントは、当社に所定のシステム利用料及び報酬の払込みを行う義務があるものとします。

8. 以下の各号に掲げる場合には、本利用規約の規定にかかわらず、当社は、当該個別契約の支払事務を終了し、当社に払い込まれた報酬をクライアントに全額返金することができるものとします。ただし、返金の際の振込手数料はクライアントの負担とします。

  • (1)個別契約のいずれかの当事者が、報酬の支払い義務や成果物の引渡義務やサンプル品の返還等の個別契約に基づく義務の履行を遅滞し、相手方又は当社がその履行を催告したにもかかわらず、1週間以上連絡が取れない状態が継続した場合
  • (2)個別契約の当事者から提供された情報等をもとに、当社がクライアント及びキャストの双方に確認し、債務の本旨に従った履行が行われたか否かの点について、当事者間の認識に争いがあることが認められた場合。
  • (3)その他当社がクライアントへ返金することが適当であると判断した場合

9. 当社は、本条に基づき支払い又は返金を行なって以後、クライアントとキャストとの間の報酬の支払いに関して、一切責任を負わないものとします。なお、前項に基づき、当社が支払事務を終了し、クライアントへの返金を行なった場合、本条3項の適用を除外します。

10. 当社からキャストに対する支払は、本サービス上に登録された預金口座に対し送金する方法によるものとします。登録された預金口座情報に誤りがあり送金が不能な場合、これにより生じた損害について当社は責任を負いません。

11. 当社が、キャストに対し、キャストが本サービスに登録した口座への送金手続を適切に行なったにもかかわらず、キャストが登録した口座情報の不備等により送金が完了せず、キャストから送金のために必要な情報が提供されないまま、クライアントから当社への報酬が着金した日から180日経過した場合、当該報酬にかかるキャストは報酬の支払請求権その他一切の権利を失い、当該報酬は当社に帰属するものとします。

12. 個別契約で別途の合意をしない限り、キャストは、第1項に定める報酬以外に、稼働に関連して発生する実費等を自ら負担するものとし、当社に請求できないものとします。

第4章 稼働等

第10条(稼働)

1. 稼働キャストは、個別契約に従い稼働するものとします。

2. 個別契約に定める内容、取材・インタビューライターの場合は稼働の時間、場所等に変更が生じた場合、クライアントは事前にキャストの同意を得るものとします。

3. 取材・インタビューライターの稼働について、当社は、当社の担当者を稼働キャストに同行させることができるものとします。

4. 稼働に関し、個別契約の当事者または稼働キャストは、以下の事項を遵守することを要します。

  • ① クライアントは、キャストの稼働にあたり、キャストの安全確保に十分配慮し、安全管理に務めるものとします。
  • ② 稼働キャストは、稼働の内容が法令または本利用規約に反する可能性があると考える場合、速やかに当社に連絡し、対応を協議するものとします。
  • ③ 取材・インタビューライターに対する1日の拘束時間は延長を含め原則8時間以内とします。
  • ④ 当該個別契約にかかるクライアントは、案件に関して稼働に必要な事項を指示する以外に、稼働キャストに指揮・命令をすることはできないことを確認します。
第11条(稼働完了前の個別契約の終了に伴う処理)

1. 稼働完了の前に無効、取消し、解除、解約等によって個別契約が終了する場合において、個別契約の当事者に損害が生じたとしても当社は一切の責任を負いません。

2. 前項の場合には、契約当事者双方は原則として事前に当社に報告するものとします。事前の報告が適わない場合においては、事後可及的速やかに当社に報告するものとします。

3. 第1項の場合において、当社はクライアントから既に受領した報酬があるとき、個別契約終了がクライアントの都合によらない場合はクライアントに対し返金するものとし、個別契約終了がクライアントの都合による場合は第9条2項なお書きに準じて取り扱うこととします。当返金は本サービス上に登録された預金口座に対し振り込む方法によるものとし、振込手数料はクライアントが負担します。登録された預金口座情報に誤りがあり送金が不能な場合、これにより生じた損害について当社は責任を負いません。

第5章 禁止事項

第12条(本サービス外での取引の禁止)
クライアントは、本サービスの利用期間中及び利用を終了してから1年間、本サービスを通じて知り得たキャストに関し、自らまたはその役職員、関連会社等をして、本サービスを利用せずに直接又は間接に取引関係に入りまた入らせてはならないものとします。クライアントは、本サービスを利用せずにキャストと直接取引関係に入ってはならないものとし、退会後・利用終了後も3年間は同様とします。
第13条(クライアントの禁止事項)
クライアントは以下の行為を行ってはならないものとします。
  • ① 当社の商標権、著作権その他の知的財産権を侵害する行為
  • ② 当社、キャスト、その他の関係者の信用・名誉を毀損し、又はプライバシーを侵害したり、精神的損害を与えたりする行為、ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為、義務や理由のないことを強要する行為
  • ③ 人種差別、部落差別その他の差別を意識させる行為
  • ④ 本サービスを改ざんする行為又は本サービスに不正にアクセスする行為
  • ⑤ 第6条に該当する案件を稼働させる行為
  • ⑥ 真に案件に稼働する意思がないにもかかわらず、案件について問い合わせ、個別契約を成立させるなど、本サービスを利用する行為
  • ⑦ 真に個別契約を成立させる意思がないにもかかわらず本サービスを利用する行為
  • ⑧ 本サービスに掲載されたすべての情報について、本サービスを利用する目的以外に使用する行為
  • ⑨ 本サービスを通じて知ったクライアントの案件について本サービスを利用せずに直接稼働をする行為
  • ⑩ 当社の事業運営を阻害する行為
  • ⑪ 当社のブランドイメージを毀損する行為
  • ⑫ その他当社が不適切と判断する行為
第14条(譲渡禁止)
ライアントは、本利用規約及び個別契約に基づく権利及び義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は担保の目的に供してはならないものとします。

第6章 その他

第15条(知的財産権)

1. 「WRITER MART」商標、本サービスを構成する画像、テキスト、プログラム、デザイン等に関する一切の知的財産権は、当社又は当社が適法に許諾を受けている第三者に帰属します。

2. クライアントは、本サービスに掲載されたすべての情報について、本サービスを利用する以外の目的で使用することはできないものとします。

第16条(秘密情報の取り扱い)

1. クライアントは、本サービスの利用又は個別契約の締結及び履行の過程で知り得た当社及びキャストの情報、資料及び事業上の秘密(以下「秘密情報」といいます)を第三者に開示もしくは漏洩してはならないものとし、また、本サービスを利用する目的以外に使用してはならないものとします。

2. 前項の定めにかかわらず、以下のいずれかに該当する情報は、秘密情報に含まれないものとします。

  • ① 開示を受け又は知得した際、既に自己が保有していた情報
  • ② 開示を受け又は知得した際、既に公知となっている情報
  • ③ 開示を受け又は知得した後、自己の責めによらずに公知となった情報
  • ④ 正当な権利を有する第三者から適法に取得した情報
  • ⑤ 当社又はキャストから開示された情報によることなく独自に開発した情報

3. クライアントが本条第1項の規定に違反したことにより他のキャスト等の第三者との間で紛争が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとし、当該クライアントの責任と費用でこれを解決するものとします。

第17条(個人情報の取り扱い)

1. クライアントは、本サービスの利用を通じて取得した個人情報を、個人情報の保護に関する法律及びその他の法令を遵守し、適正に取り扱うものとし、本サービスを利用する目的以外に使用しないものとします。

2. 当社はクライアントから得た個人情報を、個人情報の保護に関する法律及びその他の法令を遵守し、当社のプライバシーポリシーに従って取り扱うものとします。

第18条(反社会的勢力の排除)
クライアントは以下の事項を確約するものとします。
  • ① 自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと。
  • ② 自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう)が 反社会的勢力ではないこと。
  • ③ 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本サービスを利用するものでないこと。
  • ④ 本サービスの利用に関して次の行為をしないこと。
    • ア  当社及び他のキャストに対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
    • イ  偽計又は威力を用いて当社及びキャストの業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
第19条(損害賠償)

1. クライアントは、本サービスの利用、稼働その他の行為による負傷・名誉毀損、予定された稼働キャストの不稼働、稼働キャストの稼働の品質が低いこと等により損害を受けたとしても、当社に故意又は重過失のない限り、当社に対して何らの請求をすることはできないものとします。損害賠償ができる場合であっても、その金額は損害が発生した案件にかかる本サービス利用料額を上限とします。

2. クライアントが本利用規約に違反するなどして、当社に損害が生じた場合、利用者はその一切の損害(弁護士費用を含みます)を当社に賠償する責任を負います。また、クライアントが、他のユーザーまたは第三者に損害を与えた場合は、自らその損害を賠償し、当社に迷惑をかけないものとします。

第20条(免責)

1. 当社は、以下の事由によりクライアントに発生した損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。

  • (1)天災地変、騒乱、暴動等の不可抗力に起因して生じた損害
  • (2)善良なる管理者の注意をもってしても防御し得ない本サービスに係るWEBサービスへの第三者による不正アクセスまたはアタック、通信経路上での傍受、コンピューターウィルスに起因して生じた損害
  • (3)その他当社の責に帰すことのできない事由に起因して生じた損害

2. 当社は、クライアント及びキャストが本サービスを利用することによりクライアントと第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。

3. キャストは、自らのサービスに必要な資格、免許、許可等の有無及び法令その他の規制の有無を自らの責任において調査するものとします。キャストがかかる資格、免許、許可等を取得しなかったことによりキャストに発生した損害及びキャストが法令その他の規制に違反した場合、それによってクライアント及びキャストが被った不利益・損害について、当社は、一切責任を負いません。

第21条(再委託)
当社は、クライアントの個別の通知や同意を取得することなく、本サービスの提供及び本利用規約に定める当社の業務の全部又は一部を第三者に委託することができるものとします。
第22条(本サイト・本サービスの終了)
当社はいつでも自らの事業上の判断で、本サイト及び本サービスを終了することができるものとします。クライアントは当社に対して本サービスの終了について何らの補償を請求することはできないものとします。
第23条(本サービスの譲渡)
当社が本サービスの事業を第三者に譲渡した場合、本利用規約、これらに関連する契約上の地位、これらに基づく権利及び義務、プロフィール情報、キャストの登録情報及びその他情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、クライアントは予めこれに同意するものとします。
第24条(準拠法・裁判管轄)

1. 本利用規約及び本サービスは日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

2. 本利用規約又は本サービスに起因または関連してクライアントと当社との間に紛争又は疑義が生じた場合、都度誠意をもって協議し、解決を図るものとしますが、協議にて解決できない場合には、京都地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。